江戸時代から続く砥部焼とは?BridgeBambooがお伝えします。

砥部焼は、江戸時代から続く焼き物です。

四国・愛媛県の砥部町に、約100の窯元があります。

その中からBridge Bamboo がセレクトし、東京・表参道にて、販売しています。

器は、すべて手作りのなので、実際のサイズ・絵柄等それぞれ異なります。

特徴的な砥部焼は、白磁(はくじ)に藍色の呉須(ごす)、手書きで絵付けさているものが、多いかもしれません。 

そして、愛媛県の「指定無形文化財」に指定されています。

現在では、陶芸家によって、藍色以外に、彩りある新しい砥部焼が誕生しています。

そのため、Bridge Bambooがおすすめしたい!砥部焼をセレクトしています。

愛媛県の砥部焼を、窯元さまより実際に仕入れています。

こんな器が欲しい、、などご要望がありましたらお店にてご相談ください。


砥部焼のおすすめしたいポイントは、

1、日常使いしやすい器。

2、割れにくい。欠けにくい。 

3、電子レンジ、食洗機が使える。

※一部、金彩を使っている場合など使用不可です。

 4、ひとつひとつ手作り 

※サイズや絵柄がそれぞれ異なり、味があるのも魅力のひとつ。


人と人が繋がれるように、お店で器と共にお待ちしております。

BridgeBamboo

砥部焼|bridgebamboo

>表参道駅 B3出口徒歩3分 愛媛県の砥部焼を100ほどある窯元からセレクト 絵付け体験 (絵付けした後は愛媛県にて本焼きするためお時間いただきます)

0コメント

  • 1000 / 1000