西岡工房さんをご紹介!「金彩」だからゴージャス。

砥部焼・西岡工房(にしおかこうぼう)

@砥部町五本松

1981年、陶芸家 西岡一広によって独立。 

上絵付けをし、大胆な絵付け、色使いをしているところが特徴的です。

 赤、黄色、緑を使用し、馬やウサギを描いています。

金彩が高級感を生み出し、丁寧に使いたくなる器です。

馬やウサギなどの絵を好み、ご購入される方も多いです。

マグカップや茶碗、丼ぶり鉢などがあります。


BridgeBamboo

砥部焼|bridgebamboo

>表参道駅 B3出口徒歩3分 愛媛県の砥部焼を100ほどある窯元からセレクト 絵付け体験 (絵付けした後は愛媛県にて本焼きするためお時間いただきます)

0コメント

  • 1000 / 1000