西岡工房さんをご紹介!「金彩」だからゴージャス。

砥部焼・西岡工房(にしおかこうぼう)

@砥部町五本松

1981年、陶芸家 西岡一広によって独立。 

上絵付けをし、大胆な絵付け、色使いをしているところが特徴的です。

 赤、黄色、緑を使用し、馬やウサギを描いています。

金彩が高級感を生み出し、丁寧に使いたくなる器です。

馬やウサギなどの絵を好み、ご購入される方も多いです。

マグカップや茶碗、丼ぶり鉢などがあります。


BridgeBamboo

砥部焼専門店bridgebamboo

| 愛媛県の砥部焼(とべやき)を扱うオンラインショップです。愛媛県に100ほど窯元が存在しています。そんな窯元さんから直接、お話を聞かせていただき愛媛県で手作りで丁寧に作られた素晴らしい器をセレクトしています。砥部焼大使としても砥部焼の魅力を発信しています。 新しい発見と日々の生活に彩り 新しい器で心がわくわくしますように

0コメント

  • 1000 / 1000