家に砥部焼ありませんか。結構、知らずに使ってた方が多いような・・

こんばんは。


「砥部焼の特徴って?」と聞かれることがあります。


①見た目が、ぽってりとした厚みのあるシルエット。


②喧嘩茶碗なんて呼ばれるほど、喧嘩して投げ合っても割れないくらい丈夫(本当に投げないでくださいね)


③磁器(じき)です→石が原料ということです


④ほとんどの工程が手作り


⑤愛媛県の砥部町を中心に作陶中


⑥唐草模様、太陽文、なずな文、十草文、などの文様が描かれている


「ザ・砥部焼」の特徴をご紹介しましたが、現在100ほどある窯元さんの想いがこもった素敵な器たちが、より進化しながら登場しています!!


そして、ご自宅に、一つや二つ、きっと砥部焼があったのではないでしょうか。


丈夫だからこそ、使い続けられます。


以外と、砥部焼と知らずに使っていたかもしれないんです。


「ああ、これがあの砥部焼なんだ。」と


発見があったら、うれしい気持ちです。


私の日常は、砥部焼が主で食事しています。


そのほかに、「信楽焼(しがらきやき)」や「備前焼(びぜんやき)」もあります。


知らないと、ただの器なんですが、何焼なんだ~がわかると、持っている器に愛着が持てます◎



例えば、愛媛県は四国にあります。


四国は、・愛媛県・香川県・徳島県・高知県の4県です。


だから、香川のうどんは、砥部焼を使われていることが多かったりします。


砥部焼が少しでも日常に近くなると、今度愛媛県を旅したときにも楽しるのではないかと。


そんなことを感じながら、愛媛県から離れた東京の真ん中(表参道)にて、砥部焼を展開中です。


是非、お待ちしております~


「information」で入荷情報は確認できますので、よかったら覗いてください。


BridgeBambo(ブリッジバンブー)

ayaka hashida

砥部焼|bridgebamboo

>表参道駅 B3出口徒歩3分 愛媛県の砥部焼を100ほどある窯元からセレクト 絵付け体験 (絵付けした後は愛媛県にて本焼きするためお時間いただきます)

0コメント

  • 1000 / 1000